PLAMについて

PLAMについて
より良い家具を、よりリーズナブルな価格で消費者の皆様に提供し、素敵な住空間で豊かな暮らしをして頂きたい

それが私たちの夢であり、使命です。

飛騨木工の歴史は古く、平安京の造営に携わった「飛騨の匠」にその端を発します。近代では「脚もの」と呼ばれる椅子やテーブルを中心に、“ 本物の家具” を求めるお客様のもとへと、その匠の技が受け継がれています。

株式会社HIDAKAGUは、そうした飛騨の地国府町(現高山市)において、1962年(昭和37年)に木製家具の製造を開始したヒダカグ工業株式会社を母体とします。現在ではベトナムの地において「CERUBO CO.,LTD」として、「飛騨の匠」の心と技術を生かした家具創りに成功しており、現在その商品は多くの消費者から高い評価と支持を頂いています。

一方、株式会社HIDAKAGU は、1996年(平成8年)にCERUBO CO.,LTD の日本国内における拠点として、新たに設立されました。

また、2013年(平成25年) には、資源再利用の観点から家具の端材を利用した木製小物ブランドPLAM を立ち上げ、新たな展開が始まり、他社に無い木製無垢小物のブランドとして、皆様にご評価をいただいております。アンテナショップCOREO を高山に構え、PLAM を中心とした製品を広く皆様にご提供しています。

わがグループは、生産の拠点をベトナムの地に構えるという利点を最大限に生かして、より多くのお客様の期待に応えていく所存です。